彼はダイエットしなくていいって言うけど・・・

高校野球の特徴について

中学から高校に進学して野球を続けていく上で、明らかに違う点が一つだけあります。

 

それは、中学野球、ボーイズリーグなどは7回イニング制ですが、高校野球より先は9回イニング制です。私も中学野球から高校野球になった時は9回イニングの試合の長さに最初は戸惑った時もありました。その9回イニングの試合の長さをまざまざと見せつけられた私が高校3年生の春、県内の高校との記憶に残っている練習試合がありました。
色々、知りたい野球 まとめこちらまで!
私の高校はその日の練習試合まで、練習試合5連勝中と波に乗っていた中での試合でした。しかしその日はチームのエースが不調で、初回から3失点と調子が上がりませんでした。ベンチで見ていた監督が、堪え兼ねて「ピッチャー交代!」とエースである彼を交代させてしまいました。しかしこれが悪夢の始まりでした。交代した控えの投手も打たれ続け、5回までに15点も取られてしまいました。ここまでくると、外野から声を出していた私もやる気をなくしてしまいました。その後も変わったピッチャーは打たれ続け、結局32対1というぶざまな敗退を喫してしまいました。試合終了後のミーティングでも監督の口から、「お前ら悔しくないのか!」と檄が飛びました。部員たちは悔しい気持ちを心に抑え、3ヵ月後、再び同じ高校との練習試合でリベンジを果たしました。

 

私の3年間の高校野球人生において、特に印象に残っていた試合の一つとしてご紹介させて頂きました。